| Home |
2014
Papers in Scientific Journals
Structural and Electrical Properties of Fluorinated Copper Phthalocyanine toward Organic Photovoltaics: Post-Annealing Effect under Pressure
Yasutaka Kuzumoto, Hirotaka Matsuyama, and Masatoshi Kitamura
Jpn. J. Appl. Phys. 53, 04ER16 (2014); doi:10.7567/JJAP.53.04ER16
[abstract]
Work Function of Gold Surfaces Modified using Substituted Benzenethiols: Reaction Time Dependence and Thermal Stability
Yasutaka Kuzumoto, and Masatoshi Kitamura
Appl. Phys. Express 7, 035701 (2014); doi:10.7567/APEX.7.035701
[abstract]
Partially Fluorinated Copper Phthalocyanine toward Band Engineering for High-Efficiency Organic Photovoltaics
Yasutaka Kuzumoto, Hirotaka Matsuyama, and Masatoshi Kitamura
Jpn. J. Appl. Phys. 53, 01AB03 (2014); doi:10.7567/JJAP.53.01AB03
[abstract]
Presentations at International Conferences
Wettability Control of Gold Surfaces Modified with Benzenethiol Derivatives
Shingo Tatara and Masatoshi Kitamura
11th International Conference on Nano-Molecular Electronics (ICNME 2014), 2014, Dec 17-19, Kobe, Japan, SI-O-3
Annealing Effect on Field-Effect Mobilities in Bottom-Contact Alkylated Dinaphthothienothiophene Transistors
Masatoshi Kitamura, Yasutaka Kuzumoto, and Yasuhiko Arakawa
International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2014), 2014, Sept 8-11, Tsukuba, Japan, K-1-4
Pentacene Thin-Film Transistors with Controlled Threshold Voltages and Their Application to Pseudo CMOS Inverters
Yoshinari Kimura, Masatoshi Kitamura, and Yasuhiko Arakawa
International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2014), 2014, Sept 8-11, Tsukuba, Japan, K-8-1
(Invited) Solution-processed organic thin-film transistors
Masatoshi Kitamura
6th Asian Coating Workshop (ACW2014), 2014, May 8-9, Kobe, Japan
Presentations at Domestic Conferences
「ジナフトチエノチオフェン骨格を有するn型有機トランジスタ材料の設計」
見塚翔太, 北村 雅季
第75回応用物理学会学術講演会, 2014年9月17日-9月20日,北海道(北海道大学), 19p-PA7-12, p.12-270.
「ベンゼンチオール誘導体を用いた金属表面の濡れ性制御」
鈩信吾,葛本恭崇,北村雅季
第75回応用物理学会学術講演会, 2014年9月17日-9月20日,北海道(北海道大学), 18p-PB12-10, p.12-047.
「有機薄膜トランジスタの閾値電圧制御:集積回路応用に向けて 」
木村由斉,北村雅季,荒川泰彦:
第75回応用物理学会学術講演会, 2014年9月17日-9月20日,北海道(北海道大学), 17p-A4-9, p.12-206.
"Threshold voltage control in organic thin-film transistors by oxygen plasma treatment",
Yoshinari Kimura, Masatoshi Kitamura, and Yasuhiko Arakawa:
33th Electronic Materials Symposium, July 9 - 11, 2014, Laforet Shuzenji, Shizuoka, We1-11, Extended abstracts pp.31-32.
「有機デバイス応用に向けたフッ素化銅フタロシアニンの膜構造および電気的特性に対するアニール効果」
葛本恭崇,北村雅季
公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスの新展開」,2014年5月19日, 20日,東京(東京大学本郷キャンパス),P-37, p.71.
「有機薄膜トランジスタの閾値電圧制御と擬似CMOS回路への応用」
木村由斉,北村雅季,荒川泰彦:
公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスの新展開」,2014年5月19日, 20日,東京(東京大学本郷キャンパス),P-27, p.61.
「高性能・高速動作有機薄膜トランジスタの開発」
北村雅季,荒川泰彦:
公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスの新展開」,2014年5月19日, 20日,東京(東京大学本郷キャンパス),TO-6, p.26.
「フッ素化銅フタロシアニンの膜構造および電気的特性へのアニール効果」
葛本 恭崇,松山 弘賢,北村 雅季
第61応用物理学関係連合講演会, 2014年3月17日-3月20日,神奈川県(青山学院大), 18a-PG3-6.
「表面処理電極を有するボトムコンタクト型アルキルDNTTトランジスタ」
北村 雅季, 木村 由斉, 荒川泰彦
第61応用物理学関係連合講演会, 2014年3月17日-3月20日,神奈川県(青山学院大), 17p-E3-17.
「閾値電圧制御された有機トランジスタから成る擬似CMOS回路」
木村 由斉,北村 雅季,荒川泰彦
第61応用物理学関係連合講演会, 2014年3月17日-3月20日,神奈川県(青山学院大), 17p-E3-4.